スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

0
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    「薬師古道ウォーク」レポート

    やさとカフェ新年最初の企画は、薬師古道ウォークでした。
    この日は朝から穏やかなお天気で、風もなく、新春の暖かな陽光の下、やさとの里山の風景を見ながらのウォークはとても気持ちよかったです。
    薬師古道の先にある薬師堂は、伝承によると大同年間(西暦806−810年)に創建されたといわれています。
    私たちは、菖蒲沢薬師保存会の会長である中村さんのご案内で、いつもは鍵がかかっているお堂もあけてもらい、直接薬師如来さまと対面することもできました。
    かつてお堂が火事になった時は村人が如来さまをかついで山を降りた、と言われています。
    からくも残った仏像も、目や額の玉を盗まれたり、台座が朽ちて割れていたり、ぼろぼろになっていたそうです。
     
    傷んでしまった薬師さまをどうするればいいのか、地域の人たちが時間をかけて話し合い、修復しようと決めました。とはいえ、薬師堂や薬師さまを修復するのは、莫大なお金がかかります。集落の家々でお金を出し合い、地域で守っていこうという思いに共感した地元の出身者や、そのような動きを取り上げた新聞を読んだ見ず知らぬ人が寄付をしてくれて、無事に修復できたそうです。
    たくさんの人の思いが込められた薬師様が、約1年の修復作業を終えて、薬師堂に戻ったのは、2009年の夏でした。

    廃校になった小学校を再利用した、体験施設「朝日里山学校」に集合しました。

    歩いて見える景色はいつも車窓から見ているものとは違っています。

    中村さん(8?歳)と遠くは都内からも参加してくれた皆さんです。

    天白稲荷神社は、地域の人たちが寄りあう場所だったそうです。
    今でも初馬(2月の最初の馬の日)には、お餅を供えて、その後みんなで分け合って食べるそうです。

    薬師堂

    穏やかなお顔の如来さま。

    朝日里山学校に戻ったらまずはおもちつき!

    つきたてのお餅とオーガニック野菜とお肉で作った豚汁でランチ。

    食後にはコーヒー、紅茶、チャイ、酵素ドリンクなどをご用意しました。
    つくばのカフェで挽いたコーヒーや、やさとの牧場のしぼりたてミルクを使ったチャイ
    地元の果物(みかん、ゆず、ぶどう)で作った酵素ドリンク
    と、かなりこだわりのドリンクメニューでした。

    朝日里山学校での初の「やさとカフェ」企画。
    穏やかにのんびりとした企画になりました^^
    (報告:いぇじん)

    〜 参加者の感想 〜
    薬師古道は天気も良く、とても穏やかでした。
    地方都市での(かつての日本はすべて)
    集落や部落といったコミュニティを形成するひとつの要素に、
    ああいった神様がいたるところにいること、そして
    それを中心とした歴史や文化や習慣や人のつながりがとても魅力的なもので、
    経済的な理由で失われていくことへの危機感を感じる機会になりました。
    薬師古道は、やさとの魅力を象徴した、素敵な遺産だと感じました。(めぐ)
    〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 〜 * 


    0

      スポンサーサイト

      0
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        Comments
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        Trackbacks